ブログ|有名校、志望校の受験対策、ネット学習、国語力強化は個別徹底指導塾「名啓(メイケイ)セミナー」すらら・ことば倶楽部・アンイングリッシュクラブ 英検対策、数検対策、漢検対策校

ブログ

勉強方法 雑感

2014.09.13

 

 img-05

勉強方法 覚書 

:lol: 人に言われる前に「する」事の大

言われてからする

のでは身につくこともみにつかない。

対処する姿勢が前向きでなければ、

頭に入ることも入らないことになるからである。

勉強したところで役に立たないという人たちがいるが、

;-) 学習したことは決して無駄には

ならない。

:-P 無駄、役に立たないということは世の中にまったくない。

無駄になってしまうように(どうせこれをしてもテストに

出ないだろう。

勉強なんて役に立たないなどなど・・・・)

彼ら、彼女たちはしているだけである、

中途半端にしているだけのこと。

あるいは中途半端が居心地がいいのかもしれない。

「テスト」で思ったほど点数が取れなくても、学んだ、

頑張ったことは無駄にはならない。

人は頑張れば :-) 必ず成功するわけではないが

成功した人はどんな人でも頑張っているし、努力している。

だから努力はする価値はある。

  :-x 勉強方法 そのⅠ

記憶すること覚える前に「無理」、

勉強なんて役に立た

ないという口癖の生徒は受験するには程遠い。

そのような考え方は、努力するということを馬鹿にしている、努力して

いるもの馬鹿にしてけなしているのだから、そもそもの姿勢が

拗ねている。

 

学習時間は多ければ多いほどいいが

繰り返して覚えたことは

「自分でテスト」をする

ことを忘れないようにする。

前 覚えたのに忘れてしまったという経験は

誰でもあるだろう。

それは人の頭の構造から当然のことで起こる「現象」。

その現象を出来るだけ、可能な限り抑える方法が、

自分でテストをすることで解消

できる

一週間前に覚えた単語、漢字、年代などを

忘れないようにするには、

覚えた翌日もやり直すことで記憶は定着する。

前日、前々日した学習事項の再暗記の繰り返しが

暗記の方法のひとつ。

一時間前に必死に解いたことを忘れてしまっている

経験が誰にでもあるだろうと思う。

人は一時間前に覚えたことの75パーセント

は忘れている

(エビングハウスの実験理論)

いわれている。

うそだと思うなら、実験してみればいい。

今日の学校の授業を、習ったことすべてを

思い出せるだろうか?

ほとんど思い出せないだろう。

つまり忘れてしまうのである。

勉強嫌い、朝練、夜更かし、などで疲れてしまっていたり、

やる気が出ないなどという

集中力の欠如、などがあれば、

なおさら記憶することの動機が

下がり

思い出すことは不可能に近くなる。

これの「継続」がつまり学習力の低下である。

 

:lol: そうはいってももともと苦手、勉強嫌い、関心のないことには

人はなかなかのめり込まない。

ゲームや携帯のラインにはのめり込んでも、

学習にはちょっとということは多いはず。

なぜそうなるのだろうか?ゲームやスマフォは誰もが参加できて

ハードルが低い、

参加すれば「楽しい」のだからなおさらだ。

だからのめり込みやすいし、のめりこむのだろうと思う。

学習の重要さがわかっていながらも、

参加することが億劫であれば、

「学習」するには一工夫する必要がある。

 

その一 覚えるべきことのハードルを低くする。

 

特に、関心のないこと、苦手な分野、勉強嫌いの生徒は、

毎日覚えることを3つぐらい

に絞るとかして、ハードルを低くくする。

ハードルを低くくすることで「繰り返し」、「継続」すること

が容易になる。

「繰り返し」「チェック」「継続」の三つを繰り返そう。

前々日の暗記を繰り返すこと、一週間で21個完全

に覚えることが出来る。二週間で42個、だ・・・・。

自分でチェックしながらする「継続」によって、

記憶量は増えるし、覚えきれば

覚える内容も細かいことまで知りたくなる

かも知れない。

この三つは始めたときはしんどいが、

3ヶ月は我慢してみよう。

:lol: 1日3つで、三ヶ月で270個が覚えることが

出来る計算になる。一年間で、810個だ。

単語であれば、派生語、反対語も

関連図けれ場含めれば、1000語ほどになる。

中学生の生徒にとってはこれで十分、である。

「精神的にきつよ、それって」て思うなら、

やってみる期間をもっと短くしてみることもいい。

;-) その際に、達成した自分の姿をイメージすること

イラストが得意なら、自分の慶ぶ絵を机の間に

貼っておく、など、自分を鼓舞する方法は、楽しめる「世代」の

君や、あなたなら

いくらでも浮かぶだと思う。

:cry: 3ヵ月後の自分姿をイメージしてみよう。

そこには満足感に

浸った自分の姿が

あるだろう。

勉強仲間とジュースで乾杯している姿があるだろうか?

やったという姿を君は思い浮かべるかもしれない。

ともあれ、そこには、決してマイナスのイメージ、姿はないだろう。

達成感を元にどんどん学習がはかどるように

なるかもしれない。

他の教科もやってみようという気にもなる

かもしれない。

:-| やってみなければ、なんともいえないだろ。

努力は人を裏切ることもあるが、 

:-) 成功(よい結果を残)した人はどんな人でも頑張っているし、

努力しているのだから、

努力はする価値が存分にある。

ページトップへ