ブログ|有名校、志望校の受験対策、ネット学習、国語力強化は個別徹底指導塾「名啓(メイケイ)セミナー」すらら・ことば倶楽部・アンイングリッシュクラブ 英検対策、数検対策、漢検対策校

ブログ

イチロー“ローズ超え”日米4257安打達成!!

2016.06.17

イチロー君おめでとう。しかし、これでイチローも偉人の域に・・・・。

会見で、特に彼の人となりを見せている内容がここだと思う。

偉業を達成した彼でも、3年間もの間、「苦しんだ」だな。

偉業を達成は並みの我々(もちろん自分を含めてだが・・・。)

彼のプロセス、から教えられるもの、

共感できるものがある。

それを糧にして自分も頑張れる、もがけるから、な。

以下会見の一部

 

苦しんだ3年間は「ちょっと許してっていう感じ」、復調のきっかけは…

――去年は少し苦労したシーズンだったが、去年と今年の一番の違いはなにか。

「3年間ちょっとしんどかったですね。ヤンキースにいった2年目、3年目。

マイアミの1年目、去年ですね。この3年間はちょっときつかったですね。

もちろんリズムが明らかに変わった時期ではあったということが大きかったと思いますけど。

まあでも長い時間やってたら3年くらいはちょっと許してっていう感じですかね。

そういう時期あるよねっていう感じに今はなってるかな。なにがという。まあいろいろありますよ。

いろいろというのは大変便利な言葉で、便利に使ってますけど。ありますよ。

要因は。ただ同じユニホームを着た人に、

足を引っ張られないということは大きいですね。ほんとにいい仲間だと思います」

――出場試合数を見るとローズよりも速いペースでの達成となった。

「だから、もっと速くできてるもんねえ。時間かかりすぎだよ。

その3年間はちょっと足踏みだね。サッと抜きたいもんね。

ちょっとなんかこう苦労した感じ出るじゃないですか。

出ちゃったじゃないですか。それがあって今っていう考え方も

ありますけど。ちょっとサッとやりたかったね」

――苦労しているところを見せたくなかったと。

「それは見せたくないでしょ。そんなん見せたいやつ誰がいる?

上原と野村さん以外いる? そんなん。ねっ。

だって、それは自分で雑草とかっていう人は見せたい人だから」

――苦労したというのは……。

「苦労してるように見えるというだけですよ。

苦労したとは僕は言ってないですよ」

――キャンプの時期から今年は変わるという感覚はあったのか。

「キャンプ中はなかったですね。キャンプ終わってからの、

マイアミに戻ってヤンキースと試合しましたよね。あそこがポイントだったですね。

その先は、ご容赦願います。願いたいと思います、かな」

ページトップへ